薄毛でもモテる髪型とは?

ロングヘアー、それともショートヘアー!

人それぞれ、ハゲかたも違うし、頭の形、髪質など違っています。

ですから、一概にこの髪型がモテるとうわけではありませんが、薄毛でもモテる髪型についてお話します。


<目次>
・薄毛でもモテる髪型とは?

・薄毛をカッコよく見せるスタイリング方法!

薄毛でもモテる髪型とは?

薄毛でモテる髪型とは、いったいどんな髪型でしょう。

それは、その人の髪質、顔立ち、生え具合に合った髪形です。

あたり前だ!とい声が聞こえてきそうですが、じゃそれってどんな髪型ですか?

ロングですが、ショートですが?

 

答えな簡単です。

自分にあった髪型なのです。

要は、薄い部分を隠すために髪を伸ばしたり、似合わないスキンヘッドにしたりしないで、自分の髪質、顔立ち、生え具合に合った髪形をすることです。

 

モテる髪型=自分にあった髪型ですから、薄毛をごまかすようなヘンな工夫をしないこと、薄毛を気にせず堂々とふるまうこと、男性は中身で勝負と思うことが大切なのです。

また、清潔感も大切です。

女性が、薄毛の男性のここがイヤ!で、最も多い意見が「不潔そう」です。

薄毛でボサボサ、フケがあれば最悪です。

できるだけ乱れない髪型がおすすめです。

「ベリーショート」や「ソフトモヒカン」なら、清潔感があり、薄毛を隠すというイメージもありませんから、薄毛でモテる髪型の代表とされています。

 

では、薄毛をカッコよく見せるためのスタイリングについて次の項でお話します

薄毛をカッコよく見せるスタイリング方法!

では、薄毛をカッコよく見せるためのスタイルングについてお話します。

薄毛をカッコよく見せるには、ドライヤーを乾かすとことか意識しないと駄目です。

まず、ドライヤーで乾かすときに大切なのが、産毛をしっかり起こして乾かし、全体の毛も根元からしっかり乾かすことが重要です。

その時、サイドやバックのボリュームを抑えながら乾かしていきましょう。

整髪料ですが、スプレー以外は使用しないのが基本です。

産毛や薄くなっている少ない毛にスタイリング材を使うことで、髪の毛に重みが出て薄毛部分が目立ちやすくなってしまうのです。

 

また、正面だけで考えず、サイドやバックの髪の毛も、全体のバランスを見ながら整えましょう。

押さえておきたいのは、襟足を外ハネにしたり、ウェーブ・トップに動きを出すなどして、薄毛ではない部分に特徴をつけ、薄毛ではないところに意識を向ける工夫をしましょう。

こうして薄毛の部分ではない箇所に特徴を出すことで、目線をそらし、薄毛を目立たなくすることができるのです。

形が整ったらスプレーで固めましょう。

全体の形をキープするために、最後にしっかりスプレーで固めてください。





このページの先頭へ