ハゲてる人の中で、独特な髪型の方がいますよね。

ハゲてる部分を隠そうとして、無理に髪を長くしたり、ハゲている部分に髪をおおったりしたり…。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

ハゲている部分を隠そうとすると、どうしても変な髪型になってしまうのです。

そこで、ハゲの人がやってはいけない髪型についてお話します。


<目次>

・ハゲの人が絶対やってはいけない髪型とは?

・ハゲを上手く隠す方法をご存知ですか?

ハゲないための!早めの頭皮ケアとは?

ハゲの人が絶対やってはいけない髪型とは?

ハゲの人が絶対やってはいけない髪型についてお話しましょう。

基本的には、自分が好むヘアスタイルをすればいいのですが、どうしてもハゲには似合わない髪型はあります。

それを1つ1つ説明していきます。

 

まず、最初はロングヘアーです。

ハゲの人がやりがちな髪型ですね。

すこし軽めのパーマを当てて、ボリューム感を出して、髪を多く見せる狙いです。

 

しかし、薄くなっているのに、無理に長髪にして多く見せようしても無理があります。

 

また、それがかえって裏目に出て「長さがある割には薄い」という印象が目立ってしまうのです。

 

また、長髪の場合は清潔感が大切です。

 

薄毛だと、風や雨などの時、髪がクシャクシャになりやすいので、清潔感が保てません。

ですから、薄毛には、ロングヘアーは駄目なのです。

 

次にボブヘアーです。

ボブヘアーは、全体的にふっくらした感じの髪型です。

ハゲの人は、全体的にボリュームが無くなったきていますから、ボブにするとかえって薄毛が強調されます。

 

また、全体的にもボリュームのある箇所と、そうでないところの差がないですら、メリハリを感じない点も薄毛がばれてしまう要因になります。

 

あと、薄毛を強調させてしまうアップバングミディアム、アシメ隙間バング、ミディアムパーマなど、長い髪のスタイルにはおすすめできません。

 

できるだけ、ハゲてる部分を隠そうとせず、逆にハゲいる部分を上手く利用した髪型が、ハゲの方の理想の髪型なのです。

 

では次の項で、ハゲを隠す方法についてお話します。

ハゲを上手く隠す方法をご存知ですか?

では、ハゲを上手く隠す方法についてお話します。

前項でもお話しましたが、ハゲている人は、基本ショートカットがおすすめです。

 

ショートヘアだと、ハゲていても変な髪型にはならず、スッキリしたイメージを演出できます。

 

また、セットの時も、無理にハゲを隠そうとしないから、自然なスタイリングが楽しめます。

 

しかし、伸ばしている髪を短く切るには、ちょっと勇気が必要ですよね。

 

そんな時は、イメチェンするつもりで、シュートカットに挑戦してみましょう。

 

ショートカットにもいろいろなスタイルがあります。

 

おすすめなのが、ひし形シルエットの髪型です。

ひし形シルエットは、トップにボリュームを出してふち周りのボリュームを抑える形です。

そうすることでメリハリが出て薄毛を自然に隠せます。

 

気をつけたいのは、サイドの髪です。

 

サイドの髪は、薄毛でも短いため、すぐに伸びるので、トップの髪との差が出て、薄毛が目立ってしまうので注意しましょう。

 

あと、前髪ですが、薄毛にとって前髪はとても重要です。

基本的には、わけないで上げられるくらい短くするか、ある程度の毛量がある場合は、下ろしたりして、上手く薄毛をごまかしましょう。

 

どうしても長めの髪が諦めきれない場合は、パーマを検討しましょう。

 

自然な感じで立ち上がるパーマや、はっきりしたリッジをつけることで、薄毛が隠せる場合があります。

 

しかし、条件としてあまり薄毛が進行していない状態で、ある程度の毛量が確保できる場合に限ります。

 

パーマをかけた後の問題は、髪が伸びてくるとボリュームが無くなって、薄毛が目立つことです。

 

これを解消してくれるのが、飲む発毛サプリメントです。

 

なぜ、男性のハゲに、飲むサプリメントが有効なのか?

 

男性の脱毛症は、男性ホルモンの影響によるものが多いため、発毛剤より、飲み薬が有効とされているのです。

おすすめの発毛サプリメントこちら→本気なら、塗るより飲む

 

次の項で、ハゲないための!早めの頭皮ケアについてお話します。

ハゲないための!早めの頭皮ケアとは?

男性型脱毛症が進むと、毛乳頭は萎縮して、発毛機能が失われるため、毛髪が再び生えてくることはありません。

したがって、症状が進んでしまってからでは手の打ちようがありません。

 

早め、早めのケアが重要なのです。

 

最も大切なケアは、シャンプーです。

 

男性型脱毛症では、男性ホルモンが皮脂腺の働きを活発にするため、頭皮の皮脂が盛んに分泌されて、脂汚れが立つようになります。

皮脂が多いと、皮膚常在真菌も増殖し、炎症を起こして脱毛に拍車をかけてしまいます。

 

そうならないためには、毎日シャンプーをして、頭皮の皮脂汚れを落とすことです。

また、育毛剤やマッサージなどで、血液の循環をよくし、毛乳頭から毛母細胞へ栄養分が十分に補給されるようにすることも大切です。





このページの先頭へ